小型車

軽自動車と双璧を成すような形で、現在の自動車業界の顧客の主流であると言えるのがコンパクトカー(小型車)であります。トヨタのヴィッツ、日産のマー チ、ホンダのフィットと言う三大コンパクトカーに代表されるように、「エンジンが小さいのでガソリンの消費が少なくて済む」「ボディサイズが小さいのでそ の分車重も軽く、燃費が良い」「狭い道でも取り回しやすい」と言うように軽自動車と共通した多くの利点を持っています。その上で軽自動車のパワーでは物足 りない、軽自動車よりもすこしだけでいいので広い車内のスペースがほしいという人たちにはこのコンパクトカーが売れるわけです。

 

みんカラオーナーズレ ビューでの評価は「コンパクトカーにしては室内からの視界が広い」と言うことをはじめ、「パワーが意外とある」、「キビキビと走るというレビューを見かけ ることが出来るカテゴリーになります。逆に悪いところを挙げるとすれば「内装が安っぽい」「スピーカーが駄目」「デザインがチープ」と言うようなことを挙 げられるので、燃費や維持費がかからないし、カーマニアじゃない人は気にならないけど、車好きであれば好き嫌いが分かれるカテゴリーになる自動車であると 言えます。